食べ物

2010/12/10

かに缶

缶詰の中では、もっとも高いお値段と思われる、「カニ缶」。

あの、身の周りの紙(和紙?)は、何なんでしょうか?
どうして、紙が必要なのでしょうか?

うーむ、謎解きよりも、食べたいなあ~

稲荷町

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/25

蕎麦屋 筑波

私は、立ち食い蕎麦が、けっこう好きであります。

蕎麦は、ゆで麺を温め直すだけだから、期待はできませんが
天ぷらの充実がそれを余りある程カバーしており、

(生そばを茹でている店もあるが天ぷらが少ない。)

「きつねたぬきそば」

「そば、えーと、春菊とちくわ乗せてね。」

「うどんで、かき揚げとコロッケ。」

など、トッピングの自由度が高さが、正しい立ち食い蕎麦といえましょう。

1

さて、ここは、立ち食いではない普通の蕎麦屋さんであります。店の名は筑波。茹で麺なんて、もちろん使わないのであります。

ここのメニューをご覧いただきたい。

Menu

圧倒的に安い

「もりは少なすぎて3枚食べないと満たされない。」という高級店ではありません。むしろ、多めなのであります。

『大もり』など、本当に誰が見ても『大盛り』。この店を知る、タクシーの運転手さん、サラリーマンたちで、昼には行列ができます。

ちなみに私の勤務先の近くのフツーの蕎麦屋では、カレー南蛮は1000円もいたします。

おもしろいというか変わっているのは、ここは大晦日が休みであることです。でも、このお値段だから、年がら年中忙しい。年末くらいゆっくりしてくださいな。

続きを読む "蕎麦屋 筑波"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/29

アメ横

2009年11月15日撮影 アメ横
Photo














アメ横。

値札 5,000円、握りこぶし2つ分の大きさの大トロ!

『はい、千円でいいよ!大トロが千円』

という激安。

でも、安い!と思って買う前に、
マグロの種類を聞いたほうが良いです。

本マグロ(クロマグロ)とインドマグロは、高いけれども、
本当に美味しい。

メバチマグロ、ビンナガマグロだと、安いけれども、味は落ちます。

あと、カニね。これは確かめようが、ほとんど無いのだけれども、あんまり安いのは殻を割ったら身が半分くらいしか入ってないとかね、あります。

それにしても、ここは年末は、もんのすごい混みようで、後ろから押されて前に進むしかない状態でお店を選んでいられません。もう今年はダメですが、下見をしてあらかじめ、お目当てのお店を決めておいたほうがいいです。

続きを読む "アメ横"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/08

利尻島

(北海道 利尻島~) 2009年8月4日撮影

P8040325

利尻島といえば、利尻昆布と、うに。

島で、旨さの一二を争う『かのう亭』のウニ丼です。¥3500です。

東京で昼飯をこの値段で食べることは、まず、ないですね~。細君だけ『そうめん』というわけにはいきませんので、私のビール代を入れて、8000円弱です。あーなんという昼食代でせう。

さあ、蓋をとります。

P7260311

おっと、間違えました。これは、浅草『舟和』のあんみつでした。

P8040326

これです。生のイカの松前漬、海藻の味噌汁、お新香付きです。

ウニは、生臭さが全くなく、潮の香りと甘いふくよかな味でした。

ふと、『卵ご飯』に似ているような気がしました。

プリンにしょうゆより、似ているかも。

P8050365

P8050360

泊まりましたのは『利尻富士観光ホテル』です。

P8050356

フロントのお姉さん、村中 美里 さんです。

ポーズをとっていただきました。ありがとうございました。

058

Menu

食の進み具合によって、一品ずつ、出てくるので最初の写真は地味ですが、出てくる料理の味は、どれも、いうことなし!

観光旅館にありがちな、『量は多いが一品一品はたいしたことがない。』

というところがありません。沢山食べたいという要望にも、

『雲丹飯』の、食べ放題で応えています。

また、このご飯が、最高にうまい!

ここの料理長さんは、普通ではありません。何か特別な修業をされたか、天才的な腕があると思います。

P8040350

夜には、運がよく、部屋の窓辺から花火大会が見ることができました。

温泉は、露天はないものの、やや黄色の温まる良い温泉でした。

利尻に泊まるなら絶対ここです。お勧めします。

Hokkaidou

ところで、利尻島は上図の矢印のところです。

はあ、やっぱり北海道は、いいなあ。

引っ越そうかなあ。

(冬を知らないワタシであります。)

続きを読む "利尻島"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/05

秋葉原土産

LAOX Aso Bit City (千代田区外神田1丁目) 2008年10月4日撮影
A うーん、すごいな。
対応が早い。一郎まんじゅうはなかったけれども。
B

こちらは萌え系。

続きを読む "秋葉原土産"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/30

カレー

東上野1丁目 2008年7月27日撮影
Img_2143

インドカレーのラホールさん。ここの極辛はけっこう好きです。
CoCo壱の5~10辛も美味しいんだけど、辛くなるほど脂っこくなるので、いまひとつです。
どうも、「辛さの元」みたいなのものを辛さの程度によって、増やすらしいのだけれども、それが油に辛さを抽出したものらしいのです。

ところで、ラホールってインドじゃなくてパキスタン。なんで?
Img_2144

こちらはお隣の、昔からある「待ち時間0分」です。店構えは綺麗になってますね。

「0分」というのは、1分もかかりませんよ、ということだと思いますが、
子供の頃は、どうやったら0分なのか悩みました。全くのゼロだと思っていたのです。

入り口に脳波センサーを付け、客がドアを通過した時点で、
何を注文するかを感知し、お客が席に尻を付くか、付かないかという絶妙なタイミングでお望みのカレーを出すというハイテクな店なのかと。

Img_2145_3

実は、ここまだ食べたことがありません。
値段は、うん、まともなカレーはこれくらいの値段はするかなって感じです。
カレキチとかと比べちゃうと猛烈に高いのだけれども、
値段なりのおいしさなのでしょう。今度いってみます。

続きを読む "カレー"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/06/26

(旧)聚楽台最後の日

聚楽台 2008年4月21日撮影
Iさんの写真ご提供です。ありがとうございます。

Dsc00753_2 Dsc00754_3 Dsc00754_3 Dsc00754_3

続きを読む "(旧)聚楽台最後の日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/11

下谷神社大祭

下谷神社 2008年5月11日撮影

4_2

5_2

6_7

7_5

8_2

9_5

2_2

Aa

1_4

3

 

続きを読む "下谷神社大祭"

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2008/04/19

50年の歴史に幕

Img_1099ついに聚楽台が21日に閉店だそうだ。

昭和がまたひとつ消える。

建物は解体され、2010年に新ビル完成予定とのこと。(朝日新聞より)

聚楽台は、そのときに、再オープンするそうだが、もう、今の聚楽台の雰囲気には戻れまい。

関連記事1
関連記事2
関連記事3
関連記事4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/07

煎餅の謎

仲見世 2008年2月24日

1 2 お煎餅、おいしそうであります。

ところで、このケースの下のほうの、お煎餅は、ずっとそのまま、なのでしょうか。

いつ見ても、お煎餅は、ケースに満載ですので。

下2/3は偽物?うーん、わかりません。

同じようなケースでは、吉野家の紅しょうががあります。
こちらは、追加時に攪拌するそうです。

でも、お煎餅を攪拌したら割れるでしょうから、やらないでしょう。

それにしても、この下2/3の高層ビルを横にしたような緻密で整然とした職人技的詰め方には、驚きを禁じえません。と日記には書いておこう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧