« (コーシン牛乳) | トップページ | ゼアの呪い »

2010/04/18

多慶屋

台東4丁目 多慶屋  2009年11月21日撮影

多慶屋は、「たけいや」、ではなく、「たけや」と読む。
1947年創業 ディスカウントショップの草分け的存在。

Img_4446

いつも人でいっぱい。中は通路が狭くて買い物もなかなか大変。でも、安い。
昔は、製造番号の無い電気製品など、怪しい品物も売っていましたが、今はまっとうな商売をしているようであります。

より大きな地図で Ueno Asakusa Inarichou を表示

|

« (コーシン牛乳) | トップページ | ゼアの呪い »

お店」カテゴリの記事

コメント

sugさん、お久し振りです。
多慶屋の外壁の色が「紫色」だという理由、これって有名な話なのでしょうか?どうってことない理由ですけが、
「売れ残っている一番安いペンキの色」だという…。しかし、それを聞いたとき、すごく納得してしまいました。まあ、ちょっと考えればわかることですね(汗)。
その昔、ゼアというライバル店が角にありましたが、ゼアは金ピカでした。今は紫色に飲み込まれてしまったみたいですね。

投稿: きゅうり | 2010/04/18 13:29

きゅうりさん、ご無沙汰です。こんにちは。
多慶屋といえば、紫色。多慶屋を知る人なら知っていると思いますが、由来までは、知られていないかもしれません。私は知りませんでした。
ゼアですか!次の記事に続きます。

投稿: sug | 2010/04/18 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98402/48114223

この記事へのトラックバック一覧です: 多慶屋:

« (コーシン牛乳) | トップページ | ゼアの呪い »