« 2009年8月 | トップページ | 2010年4月 »

2009年12月

2009/12/29

アメ横

2009年11月15日撮影 アメ横
Photo














アメ横。

値札 5,000円、握りこぶし2つ分の大きさの大トロ!

『はい、千円でいいよ!大トロが千円』

という激安。

でも、安い!と思って買う前に、
マグロの種類を聞いたほうが良いです。

本マグロ(クロマグロ)とインドマグロは、高いけれども、
本当に美味しい。

メバチマグロ、ビンナガマグロだと、安いけれども、味は落ちます。

あと、カニね。これは確かめようが、ほとんど無いのだけれども、あんまり安いのは殻を割ったら身が半分くらいしか入ってないとかね、あります。

それにしても、ここは年末は、もんのすごい混みようで、後ろから押されて前に進むしかない状態でお店を選んでいられません。もう今年はダメですが、下見をしてあらかじめ、お目当てのお店を決めておいたほうがいいです。

続きを読む "アメ横"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

銀座の昔と今2

(中央区 銀座) 昭和40年代
1

2008年4月12日撮影
2

2009年12月6日撮影
3

続きを読む "銀座の昔と今2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/27

銀座の昔と今

(中央区 銀座) 昭和40年代

1

2008年4月12日撮影

2

ひさびさの、昔と今シリーズです。

さて、時代を象徴するもののひとつに自動車があげられます。

昭和40年代の赤い車、なかなか、カッコいいな。

で、この車の車種は何だろうと思い、専門家に尋ねてみました。

『この車は、日産フェアレディZ(HS30)だと思います。

ケンメリは可能性はありますがエンブレムが小さい、リアフェンダーの切り込みが丸い、有名なサーフィーラインが無い、ハッチのガラス部分が大きいなどから違うと思います。
リアハッチのガラス部分に、赤いステッカーが見えましたからコレが読めれば何か解るかも。

決め手なる部分が皆見えない困った写真なんですが、手掛かりはリアピラーの丸いエンブレムとアンテナ、リアフェンダーのマーカー、サイドのラインデカールです。
特にこのデカールのフロント側になにか文字があるので拡大すると読めるかも知れません。
この写真では3つとも判読不能です。

ただ、ボンネットの長さが240Zにしては短いとか、フェンダーミラーとか、デカールの細部が違うとか疑問はあるので、国内向けの普通のS30の2リットルモデルを240Z北米タイプにドレスアップしたモノかも知れません。
S30シリーズは1969~1978の生産です。』

うーん、なるほど。(と言いつつ、車に縁のない私には、専門用語が多くて、半分くらいしかわかってない....。)

続きを読む "銀座の昔と今"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/12/25

Merry christmas

Mr.lawrence とつい言ってしまう。

Aaa

Wordで、1ページに1文字で、「Merry Xmas」をA4フォトペーパー

にプリントアウト。次に、カッターで文字を切り抜き、窓に貼りました。

窓枠のキラキラは、よくあるツリー用の点滅電球コードです。

こっそりやっていたので、看護士さんには、けっこう受けました。

(リアクションがなかったらどうしようと思ってました(^^;)

メリークリスマス 病室にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/22

入院しました....

入 院 中 

しばらくお待ちください。

(本当に入院しています)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/12/21

お断りと、きれいなネコ

2009年12月21日

ご無沙汰しております。

えーと、まず、コメントに『猥褻』『ぼろ儲けの罠』といった内容を書き込む馬鹿がいるので、大変申し訳ないのですが、コメントを画像文字認証と承認制にします。

ひと手間増え、公開にすこしお時間を頂戴しますが、どうかお許しください。

Img_4572_2

白手袋と白靴下のきれいなネコです。伸びをしてくれました。

Aaaa_2

うーん、渋い表情。でも、たくさん遊んでくれました。

それにしても、この柄、タキシードみたいで、かっこいい。

撮影地:台東区鳥越

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/12/02

見よ!幻の、いや、窓越しの肉球を!

東上野4丁目 2009年11月15日撮影

Img_4441_2_2_2

続きを読む "見よ!幻の、いや、窓越しの肉球を!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2010年4月 »