« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/19

聚楽台 新計画

2ずっと前からある以前撮った「建築計画のお知らせ」の写真を再掲する。

気になるのは、
『地上2階 地下4階 / (道路レベルより地上4階 地下2階)』
とあることだ。

謎の表記であるが、おそらくこういうことだろう。

現在の聚楽台のある建物はご存知の通り上野の山の斜面に埋め込まれている建物で、屋上は上野公園とは地続きになっている。
つまりは、西郷像のすぐ脇は公園の延長に見えて実は屋上である。

計画では、おそらく、その現在の屋上部分からさらに、2階建て分の建造物が建つという意味らしい。

現在、西郷さんは、上野の街を見下ろしているのだが、この計画では、眼前にビルが立塞がることになる。
これは大問題で、5年近くの工期の遅れは、おそらくこれが原因だったのだろう。

だが、工事がついに決定した。何故だ?

ワタクシはこう思う。

新しいビルの屋上に西郷像を移設するという新計画に変更したのだ。

もしそうであるのならば、ものすごいことである。

クレーンで吊り上げられるであろう西郷像は、これは、たいへんな見ものである。
上野の住人としては、フセイン像が倒された以上の衝撃である。

大いなる期待を持って新計画の詳細情報を調査したい。

以上 稲荷町通信社がお伝えいたしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

50年の歴史に幕

Img_1099ついに聚楽台が21日に閉店だそうだ。

昭和がまたひとつ消える。

建物は解体され、2010年に新ビル完成予定とのこと。(朝日新聞より)

聚楽台は、そのときに、再オープンするそうだが、もう、今の聚楽台の雰囲気には戻れまい。

関連記事1
関連記事2
関連記事3
関連記事4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

黒電話

2008年4月7日撮影
Img_0503 気まぐれで、新品同様の黒電話を見つけ、買った。

あらためてみると、非常に完成されたデザインだと思う。

そして強固で丈夫にできている。今の電話機の受話器を踏んずけたら、割れて壊れるだろうが、黒電話では、自分の足を挫くかもしれない。

今の電話がおもちゃに見えてしまう。

欠点もある。ダイヤルを廻すのは懐かしいが、今となっては遅くて煩わしいのだ。しかも誰も使わなくなった、『手書きの電話帳』が要る。(まだ売っている。驚きである。)

ちなみに、昔の電話帳を探し出し、中を見てみたら、
もはや音信不通の人やら、引越しした人やら。
いや、それよりも、当時は電話番号が『XXX-XXXX』と7桁で、
この電話帳、もう、どうにも使いものにならないものであった。

結果、
携帯電話の電話帳機能を見ながら、黒電話をかけるという、
なんだか、進んでいるのか遅れているのか、奇天烈な状況に陥った。

そして、昔は、これに、レースのカバーを付けている家が多かったが、今は入手が難しい。探してもなかなか、なかなか、出てこない。昔のレース編みの雑誌でも買って自作するしかないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »