« たぬきねこふたたび | トップページ | 黒電話 »

2008/03/26

光雲

光雲さん 東上野3丁目 2008年3月9日撮影
2
都電通り沿いの古い建物は、少なくなりました。

銅貼りの看板建築。何れビルになってしまうのでしょうか。

光雲さん

|

« たぬきねこふたたび | トップページ | 黒電話 »

建物」カテゴリの記事

コメント

こ、こ、これは・・・(・_・;)
スゴイ具合に建ってるね・・・
壊すときも大変そう・・・汗

住んでるんですかね?(・_・)

投稿: みっちゃん | 2008/03/27 20:37

こんにちは。

表札がでていますので、おそらくお住まいになっていると思います。

両隣はビルで、ビルとこの建物の、隙間が、ほとんどないのが、すごいです。ネコどころか、ネズミも通れないかも。

こういう建築技術は日本ならではなのかもしれません。

あと、この建物、おそらく昭和初期か、もしかすると明治からあると思いますが、3階建てというのも非常に珍しい物件だと思います。中がどうなっているのか知りたいです。

投稿: sug | 2008/03/27 21:11

こんばんは!
ここ紹介したいのですが、意外と開いている時間に行かなくて…。
でもしっかり営業しているんですよね、ここ。刃物やさんというかノミやさんというか、とにかくそんな感じのお店でした。
今度挑戦してみます。といっても中の見学は勇気ないのでムリですが。。。

投稿: あんみつまめ | 2008/03/28 23:14

こんにちは!
お返事が遅くなりごめんなさい。

手彫りの看板には、
『彫刻用諸道具 萬職用特殊刃物 御用承り』
とあります。

萬職というのは、聞き慣れない言葉で、調べたのですが、
はっきりとはわかりませんでした。
江戸時代の版画の類だと思うのですが。

周辺は、ご存知のとおり、仏壇仏具屋が多くあります。
今はどうかわかりませんが、昔は、仏壇は手彫りで
自分の店で作っていたと思いますので、需要があったのでしょう。

(仏像は、仏師が今も手彫りをしているはずです。)

この建物は非常に雰囲気があり、貴重な建物ですね。

投稿: sug | 2008/04/10 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98402/40641607

この記事へのトラックバック一覧です: 光雲:

« たぬきねこふたたび | トップページ | 黒電話 »