« 下町七夕まつりの様子 | トップページ | 浅草2丁目の昔と今 »

2007/07/08

山手線の昔と今

田端駅 103系 1982年頃

11

25年前(推定)の当時、別に電車に興味があったわけでもなく、風景をなにげに撮っていたのでした。(今は電車は好きです。鉄道ファンの方ほど詳しくも情熱もありませんが...。)

これがどこの駅かも既にすっかり忘れており、駅名も写っておりません。

2番線であること、撮影位置が目線より高く階段から撮っていること、ホームの構造から京浜東北線との並行区間だろうということなどから、田端駅の池袋・新宿方面行ホームだろうと思い、行ってきました。

ほぼ同じ位置で撮影した現在の風景 2007年7月8日

Img_0317

階段の位置が、ホームの中央よりに変っているのかと思いますが、おそらく田端駅でしょう。

山手線の車両ですが、今はどの路線の電車も似たような外観でつまらないです。

昔の山手線

|

« 下町七夕まつりの様子 | トップページ | 浅草2丁目の昔と今 »

乗り物」カテゴリの記事

昔の風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
25年前というととんでもなく昔のような気がしますが、よく見ると冷房がついている電車なんですね。そう思うとなんだかすごく感じられます。
電車の行き先を知らせるヤツなどを見ていますと、まさにアナログからデジタルへ変わったんだなと実感しますけど、それ以外はあまり変化ないと感じました。

投稿: あんみつまめ | 2007/07/08 23:52

あんみつまめさん おはようございます。

25年前の写真には、国鉄時代の駅の雰囲気がありますが、
この頃既に、駅の形は完成されていて、
今に至っても、見違えるほどの大きな変化はないのかなと思っています。

逆に、古くから設備を充実させてしまったから今も必要性がなく、
部分部分で、古い設備が残っているようにも思えます。

なお、この頃の車内の冷房は強烈、寒いくらいで、暑がりの私には有り難く、寒がりに女性には迷惑なものでした。

投稿: sug | 2007/07/09 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98402/15688521

この記事へのトラックバック一覧です: 山手線の昔と今:

» 京都・伊藤久右衛門のあんみつ 【京都お取り寄せライフ@京都の甘味をあなたに】 [京都お取り寄せライフ@京都の甘味をあなたに ]
★伊藤久右衛門 宇治抹茶あんみつ★ 人気テレビ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」食わず嫌い王で安田美沙子がご紹介された京都・伊藤久右衛門の宇治抹茶あんみつ 伊藤久右衛門 本店茶房で人気の抹茶デザートをお届けいたします 挽きたての宇治抹茶の香り、丹波大納言小豆の食感が,京都ならではの素材を手作りで仕上げた自慢の逸品と言えます。 また、無着色、無香料...... [続きを読む]

受信: 2007/07/11 23:09

« 下町七夕まつりの様子 | トップページ | 浅草2丁目の昔と今 »